<< 『逃げだしたプリンセス』リン・グレアム | main | 『ハッピーエンドの続きを』レベッカ・ウインターズ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|- | - | -
『愛しすぎた罪』サンドラ・マートン
【R2532  発行:2010/09/05】
オルシーニ家のウエディング
かつて身も心も捧げた私からまたすべてを奪おうというのね。
ガブリエラはNYでモデルとして成功していたが、父親の病気をきっかけに故国ブラジルに戻った。だが父と兄が亡くなり、残されたのは借金の担保になっている牧場だけ。ついに差し押さえられる事になり、競売の場で法外な値段を口にした男性を見て目を疑った。彼ダンテに夢中になって数カ月を過ごした。けれど、一財産になりそうな高価な宝石と共に別れの言葉を告げられた。それから一年、不動産としてはまったく価値のないこんな牧場をなぜ?

試し読み可 Amazon bk1

|HQ(実業家&御曹司系) | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
|- | - | -









http://hugchew-loves.jugem.jp/trackback/521