スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|- | - | -
『思い出のなかの結婚』キャサリン・スペンサー
【R2501  発行:2010/06/05】
彼のような男性と結婚したのが大きな間違いだった……。
事故で一カ月も昏睡状態が続いたあと、メイブは病院で目を覚ました。記憶喪失に陥った彼女を出迎えたのは、夫だというダリオ・コスタンツォ。世界的な大企業の副社長で、とびきりハンサムなイタリア人男性。彼と結婚していたことを全く思い出せない。病みあがりの彼女は、プライベートジェット機で静養先の小さな島に飛んだ。何もかもが謎だらけの暮らしが始まるとも知らずに。

試し読み可 Amazon bk1

|HQ(事故&記憶喪失系) | comments(0) | trackbacks(0)
『記憶のなかの恋人』ロンウィン・ジェイムスン
【D1310  発行:2009/06/20】
ともに過ごした甘い記憶は、運命によって奪われた。
スザンナはドノバンの電話を受け、タスマニアのリゾート施設へ向かった。彼とは二カ月前にそこで出会い、すぐ惹かれ合ってめくるめく週末を共に過ごしたのだ。だが、アメリカに帰国した彼は、あっさりと彼女を切り捨てた。なぜ今ごろ連絡を? 久しぶりに見る彼は、相変わらずセクシーでハンサムで男らしい。でも何かが違う。まるで見知らぬ他人を見るような冷たい目。不意に言いようもない不安に襲われ…。

試し読み可 Amazon bk1

|HQ(事故&記憶喪失系) | comments(0) | trackbacks(0)
『仕組まれた破局』ケイト・ウォーカー
【R2323  発行:2008/09】
再会した夫は、私と結婚した事も、私を追いだした事も覚えていなかった。

別居中の夫が交通事故に遭って私を呼んでいる! 突然の報にショックを受けるが訝った。一年前、挙式したその日に屋敷から追いだしておきながら、今頃になって何故? しかし、心配でたまらず彼のいるギリシアへと飛んだ。わずか一日きりの結婚生活以来、久しぶりに会う夫はどことなく様子が違っていた。彼はレベッカと結婚したことさえ忘れていた……。

試し読み可 Amazon bk1

|HQ(事故&記憶喪失系) | comments(0) | trackbacks(0)
『愛を捨てた大富豪』キャロル・モーティマー
【R2317  発行:2008/08】
彼との関わりは一カ月で終わる。惹かれてはいけない。
bk1
目をみはるほど豪華なスペインの大富豪の邸宅へ、ブリンは事故死した義姉の息子マイケルを連れてきた。彼は、マイケルの実父で、母親の死を知ると親権を主張し、結果彼女は敗れ、マイケルは父親に引き取られることになった。一カ月したらマイケルのもとを離れる約束だ。冷たく尊大な男性だときめつけてきたが、自邸でくつろぐ彼は魅力的で心惹かれそうになる。それはこの上なく愚かな事なのに。

Amazon bk1

|HQ(事故&記憶喪失系) | comments(0) | trackbacks(0)
『ギリシアの聖夜』ルーシー・モンロー
【R2151  発行:2006/11  TOTAL:ランク5 オススメ!
他の女性に気持ちが向いた夫アリスティドに、車中で離婚を切り出した直後、車が突っ込んできた。数日後、ついに昏睡から覚めた夫だが、安堵のあまり涙を浮かべるイーデンを見ても、彼はなんの反応も示さずに言った。「きみは誰なんだ?」と。彼には愛する女性が側に居る、このまま離婚の事を切り出していいのかわからないまま、看病するが?

試し読み可 Amazon bk1

read more...
|HQ(事故&記憶喪失系) | comments(0) | trackbacks(0)